近日開催のイベント

セクション

夏の院生交流会、スタッフ募集!

夏の院生交流会の運営に携わるスタッフを募集しています。
24日のミーティングに参加できなくとも、スタッフになることは可能です。その場合は、下記のフォームをお送りください。

2017年12月定例ミーティング

定例ミーティング 次回は6月開催!

次回の定例ミーティングは6月24日(日)に大学生渋谷会館で行う予定です。
みなさまぜひご参加ください。
時間:第1部13:30~15:00/第2部15:00~17:00
場所:大学生渋谷会館
※リンク先の図では入口がホテルの玄関の手前となっていますが、それは誤りです。ホテルの玄関から入っていただき、右手の会議室が会場となっています。
内容:第1部 夏の院生交流会スタッフ説明会&ミーティング
   第2部 定例ミーティング
※申込期限は6月21日(木)18:00となっております。

                                             
開催予定イベントスケジュール
1月度定例ミーティング1月14日(日)
冬合宿@鬼怒川 2月度定例ミーティング2月17日(土)・18日(日)
3月度定例ミーティング3月17日(土)
新歓@東工大4月7日(土)
春の院生交流会~浅草めぐり~第1回4月21日(土)
春の院生交流会~浅草めぐり~第2回5月13日(日)
5月度定例ミーティング5月19日(土)
就活講座~インターン・自己分析編(仮)~5月19日(土)
バーベキュー6月16日(土)
6月度定例ミーティング6月24日(日)
7月度定例ミーティング7月14日(土)
高尾山ハイキング未定
夏の院生交流会未定
夏合宿@未定 9月度定例ミーティング9月7日(金)・8日(土)(未定)
全国院生セミナー10月13日(土)・14日(日)
10月度定例ミーティング10月21日(日)
ハロウィンパーティー10月21日(日)
11月度定例ミーティング11月17日(土)
院生ミーティング大同窓会11月17日(土)
冬の院生交流会未定
12月度定例ミーティング12月16日(日)
クリスマスパーティー12月16日(日)
1月度定例ミーティング未定
2月度定例ミーティング未定
3月度定例ミーティング未定

主な活動

年間を通して、次のような活動を行っています。

院生交流会

院生交流会

例年、春・夏・冬に関東圏の大学院生を対象として、院生交流会を行っています。
「研究室以外でも友人を作りたい!」という声に応えたもので、散策やクイズラリー、クッキング対決、研究発表などその年々に応じて様々なコンテンツを企画しています。
特に春の院生交流会は参加者が150名を超えるイベントとなっております。

セクション

セクション

年3回の交流会意外にも、大学院生が興味・関心のある場所へ出かけたり、体を動かす機会を設けたり、様々なレクリエーションイベントを企画しています。
自己分析講座やグループディスカッション対策など大学院生向けの就職活動支援イベントも行っています。
参加者は5名~30名程度で、様々な種類・規模で開催しています。

院生StyleBook

院生StyleBook

院生ミーティングが大学院新入生向けに毎年発行しているフリーペーパーです。発行部数2万部を誇り、毎年3月頃に関東圏の大学院新入生に配付されます。
大学院生の就活や留学などの実体験を取材したインタビュー記事なども掲載されており、好評をいただいております。
こちら(もしくは上記画像)より最新版をダウンロードいただけます。

合宿

合宿

毎年、夏合宿と冬合宿を開催しています。
レクリエーション企画やセクション活動、定例ミーティング、観光などを行っています。
行き先は年によって異なり、昨年度は夏合宿は那須へ、冬合宿は鬼怒川温泉へ行ってきました。今年度の行き先や参加人数などの詳細は未定です。

Mission

私たちは以下の使命を持って活動しています。

大学院生のニーズを捉えること。

私たちは大学院生ならではの悩み、知りたい情報について常にアンテナを張り続けています。
なぜなら大学院生について一番に理解できるのは同じ大学院生であると思うからです。

多様性を尊重すること。

メンバーの所属は関東の10を超える大学院、専攻は文・理の多種多様に渡ります。
お互いがお互いを尊重する組織を目指しています。

共感的であること。

メンバーには、他地域から上京してきた者が少なくありません。だからこそ、他者の様々な価値観、信条を大切にし、共感できるメンバーが集まった組織でありたいと考えています。

常に開かれた組織であること。

メンバーが活動に参加し始めたのは4月、9月、12月からと人によってばらばら。
大学院生であれば誰でもどの時期でも参加できる組織であることを目指しています。